株式会社 きどころ|消防用品全般|各種消火装置|各種防火設備の設計施工|消防防災設備の保守点検|廃棄消火器|愛知県名古屋市

 

消防設備点検

 

消防設備保守点検とは?

消防設備保守点検とは?
 
もしもの時の安全を守る為に行う点検です。
消防用設備は、設置されたまま長く放置されてしまうと機能障害が生じ、いざというとき有効な働きを望むことができません。
そのため、消防法において消防用設備の機能を正常に維持する為の点検と、その結果報告を義務付けています。(消防法第17条の3の3)
 
 

消防設備点検ご依頼の方法について

消防設備点検ご依頼の方法について
 
お電話・メールでお気軽にご相談ください。
お客様からは、このようなご相談を頂いております。
 ・「消防査察が入り、消防点検を受けるよう指導された」
 ・「消防点検は欠かさず実施しているが、金額の見直しをしたい」
 ・「他社で出してもらった見積書の金額が折り合わない為、相見積したい」等
 
ご依頼の流れ
①お客様から弊社に、消防点検のご相談を頂く。(電話・メール等お気軽にご相談ください)
 ・まず、見積書の提出をさせて頂くにあたり、現地に伺い設備の種類・台数等の調査が必要です。
  (但し、前業者様の点検結果報告書がございましたら、比較的早めに金額のご提示をすることが可能です)
②点検料御見積書の提出。(メール・ファックス・郵送等)
③金額にご納得頂けましたら、点検実施日の打合せを行います。(マンションは事前にチラシの配布など)
④消防設備点検実施。
⑤点検結果報告書の作成・消防提出。(消防提出は弊社からでも、お客様からご提出でも結構です)
 ※もし、点検時に設備の不備が見つかった際は、別途お見積り致します。
⑥請求書の発行。
⑦点検料お支払い。 
⑧以降、継続して点検をご依頼頂けるようでしたら、半年後もしくは1年後に、次回点検日程のご連絡を担当者より差し上げますので、引き続きよろしくお願いいたします。
 
弊社は「消防設備点検業者」として、開業してからの長い歴史と経験があります
株式会社きどころ の点検実績はこちらをご覧ください。 ⇒ 会社案内
 
 
機器点検
6ヶ月ごと
有資格者にて点検 
 特定防火対象物で1000m2以上の所
 
  ●一般防火対象物1000m2以上で
  消防長又は消防署長が指定した所
総合点検
1年ごと
 
 

特定防火対象物とは?

特定防火対象物とは?
 
●お客様がお持ちの物件の消防設備に合わせて、お見積させて頂きます。
 また、消防設備の改修等、お気軽にお問合せ下さい。
 
きどころ第一ビル(本社)
〒465-0065
愛知県名古屋市名東区
梅森坂一丁目127番地
TEL.052-709-3351
FAX.052-709-3361

E-mail. admin@kidokoro.co.jp
 
きどころ第二ビル
〒465-0051
愛知県名古屋市名東区
社が丘三丁目1719番地
TEL.052-702-1136
FAX.052-702-1586
E-mail.  admin@kidokoro.co.jp
─────────────
◆消防設備の保守点検
◆消防、防災用品の販売
◆廃棄消火器引取り
◆防火対象物点検
◆防災管理点検
◆連結送水管耐圧試験
 (ホース耐圧試験)
◆建築基準法第 12 条第 3 項に
 基づく防火設備の定期検査
◆自家発電設備(非常用発電機)
 の負荷試験
◆消防、防災設備の設置、施工
─────────────
(一財)愛知県消防設備安全協会
  23-1-0022号
建設業許可
 愛知県知事(般-3
)第31655号
 ・消防施設工事業
 ・電気工事業
   ・管工事業
─────────────
063902
<<株式会社 きどころ>> 〒465-0065 愛知県名古屋市名東区梅森坂一丁目127番地 TEL:052-709-3351 FAX:052-709-3361